電話占いセブンスティアラ

鑑定受付番号(営業時間:午前9時〜翌朝4時30分/年中無休) 0120-677-765

セブンスティアラ 用語説明

読心術

霊能者が行う読心術
片想いの彼は私に関心があるのかしら…、お付き合いしている彼の態度が今までとは違うけれど私のことが嫌いになったの?…こんな時、相手の心の中が見えたらどんなにいいだろうと思うことはありませんか?こうした時に強い味方となってくれるのが、霊能者の行なう読心術です。
読心術とは読んで字のごとく、相手の心の中を読み取る霊能術です。電話占いセブンスティアラの霊能者は、霊能力を使って五感だけでは感じ取ることが難しい心の奥を読むことができます。霊能力のような特別な能力を持たない人の場合、誰かと会話をする時、相手の言葉を聞くと同時にその人の仕草、目の動きや顔の細かい筋肉の動きなどから、言葉以外が発する相手の心情を読み取れることがありますが、霊能者が心を読む場合には、霊視や霊聴という手段により、人の気持ちや悩み、考えていることなどが霊能者の脳裏に映し出されることをそのまま感じ取ります。特に、高い霊能力を持った霊能者の場合には、例え遠隔地にいる人であっても、その心の中を読むことができ、場合によってはその人の魂、霊体を降ろして、まるで本人と直接話しているのと同じように会話をすることが可能です。このような霊能者の中には、この自身の霊能力の鋭さゆえに、他人の心の中が視え過ぎることに苦痛を感じることもあると言います。

第六感を鍛える〜霊能者からのアドバイス〜
特別な霊能力を持たない人でも、日々の心がけによっては他人の心の中を読み取る能力が向上します。このためには第六感を鍛えることが大切で、毎日、決まった時間に瞑想を行うことがとても効果的です。 瞑想とは、目を閉じて雑念を離れて深く静かに考えることを言います。楽なポーズで目を閉じ、深呼吸を繰り返しながら心を穏やかにして心と身体をリラックスさせることに集中すると、ひらめきの脳波、集中力を高める脳波とも言われるアルファ波が出やすくなります。こうして瞑想を習慣にすることにより第六感が研ぎ澄まされてくると、誰かと会話をする時の集中力が高まり、相手の動作や表情に対する感じ方も鋭くなることにより、相手の言葉が真実であるかどうかが判断できるようになってきます。また、相手の顔や表情を見ただけで、心の中から発せられる声を聞くことができるようになります。このように相手の本心を読むことができるようになれば、恋愛相手の気持ちが分からない…と悩むことも減るに違いありません。 それでも、完璧に心を読み、その隠された本心を聞き出したいと思った時には、電話占いセブンスティアラの霊能者の霊能力に頼るのが良いでしょう。