電話占いセブンスティアラ

鑑定受付番号(営業時間:午前9時〜翌朝4時30分/年中無休) 0120-677-765

鑑定体験車から寄せられた声

大分県の鑑定体験者から寄せられた声

大学で同じゼミだった彼にずっと片想いしていました。何度か告白しようと考えたものの、いつもその勇気が出ず、けっきょく“いい友達”の関係が続いていたのです。26才の誕生日の翌日、私は思い切って、雑誌「anan」で紹介されていた電話占いセブンスティアラのシヴァ霊能者に相談することにしました。すると何も伝えていないのに、シヴァ霊能者は彼の身長や髪型、性格から口癖までを次々に言い当てたのです。さらに相談内容も的中。私が“この先生はすごい!”と感嘆していると、続いてシヴァ霊能者は読心術で彼の深層心理を読みとり、「彼の方も学生時代から、貴女は“気になる女性”だったようです。貴女に好意を持っていたが、伝える勇気がなかった。つまりお互い同じ想いを抱えたまま、今日まできたというわけですね」と教えてくれました。そして「本人に直接想いを伝えることができないのなら、彼の魂に伝えればいいのです」そう言って彼の守護霊を降ろし、私の想いを届けてくださったのです。鑑定翌日、彼から「会いたい」と連絡があり大分市美術館の前に行くと、そこで告白されました。私の片想いが叶ったのも、シヴァ霊能者のおかげ。本当に感謝しています。
(大分県大分市・酒井紗枝さん・26才)

付き合って3年になる同い年の彼に、私との結婚をどう考えているのかを聞いたら彼は黙ってしまいました。その後、彼との会話は途切れがちに。もしかして、彼は私と別れるつもりなのでは? そんな強い猜疑心が芽生え、口コミサイトで知った電話占いセブンスティアラの瑠姫霊能者に相談しました。瑠姫霊能者は、電話が繋がるなり私の相談内容を言い当て、「彼は結婚のことはちゃんと考えていますよ。貴女以上に」とおっしゃったのです。瑠姫霊能者が言うには、彼は30才になるまでに仕事で成果を挙げて出世し、会社でより安定した地位を築いてから私にプロポーズしようと考えているとのこと。「以前、貴女が専業主婦を望んでいると伝えたため、彼はそのような決心をされました。そして今は、その目標達成のための大事な時期。彼も余裕がないのでしょう。全ては貴女を想ってのことなのです」瑠姫霊能者はそう続けられました。さらに瑠姫霊能者は、余裕のなさと疲れが原因で乱れた彼の精神状態を整えるべく、彼の魂に念を送ってくださったのです。鑑定翌日、仕事の後で彼に会うと、以前のような元気を取り戻していたので嬉しくなりました。そして、私との結婚についてどう考えているのか、全て打ち明けてくれたのです。その内容は、瑠姫霊能者が霊視された通り。先生の鑑定のおかげで、私たちの絆はより強いものになりました。
(大分県国東市・椎谷真知子さん・29才)

付き合って1ヶ月になる彼と喧嘩してしまいました。その時の彼の怒り方が尋常ではなく、“もしかして彼にはDV癖があるかも”と不安になった私は、友達に勧められ、電話占いセブンスティアラの柊香霊能者に鑑定を依頼。電話に出た柊香霊能者は開口一番「貴女が危惧されているように、彼はDV癖の持ち主です」と、まだ相談内容を伝えていないにも関わらず、そう断言されました。さらに柊香霊能者は、彼のルックスや好みのファッションなどを言い当てた後、これまで彼が交際相手にどのような危害を加えてきたかを事細かく教えてくださったのです。私が絶句していると、柊香霊能者は彼との縁を切るよう勧められました。そして少し考えてから私が「お願いします」と言うと、“縁切り”という占術を行なってくださったのです。すると鑑定終了後、彼から全く連絡がこなくなりました。彼が、病気で倒れた父親の跡を継いで旅館を営むため、鹿児島の実家に戻ったことを知ったのは、それから数日後のことでした。
(大分県別府市・佐藤ちかさん・30才)