電話占いセブンスティアラ

鑑定受付番号(営業時間:午前9時〜翌朝4時30分/年中無休) 0120-677-765

鑑定体験車から寄せられた声

佐賀県の鑑定体験者から寄せられた声

いつも一緒にバーベキューをしたり小旅行に行ったりする、男女10人グループの中の1人のことが前から好きでした。彼は私より2歳上で、私たち2人はグループ内でもよく話す方なのですが、距離が近いようで遠い……私はそんな風に感じていました。彼に直接本心を訊く勇気もない私は、雑誌『anan』の“当たる占い特集”で紹介されていた、電話占いセブンスティアラの歌衣梨霊能者に相談することにしました。驚いたことに、歌衣梨霊能者は挨拶しただけで私の相談内容や彼のルックス、口癖などを言い当てたのです。その上で、「貴女は彼の本心が知りたいのですね。それなら、彼の生き霊を呼び出して訊くのが最良の方法でしょう」そう言って何やら呪文のようなものをぶつぶつ唱えかと思うと、突然沈黙し始めました。それから4、5分経ったころでしょうか、歌衣梨霊能者は再び口を開き、「彼も貴女のことが気になっています。しかし彼は恋に関してはいわゆる草食系で、相手にふられるのを極端に恐れるタイプなのです。ですから、貴女の想いを彼の魂に届けることによって、彼が安心して貴女に告白できるように促しましょう」と、“縁結び”という占術で私の気持ちを彼に伝えてくれたのです。すると鑑定から5日後、彼から電話で「会いたい」と呼び出され、待ち合わせ場所で告白されたのです!
(佐賀県唐津市・野田幸代さん・27才)

今の彼と付き合い始めてから半年ほど、貧血で倒れたり、財布を盗まれたり、車に轢かれ掛けたりと、それまで経験したことがなかったような不運が続きました。彼と結ばれて幸せなはずなのにどうして……自分の状況について深刻に悩み始めた私を見て心配した友人が、「電話占いセブンスティアラに鑑定してもらいなよ。絶対に当たるから」と勧めてくれました。私が選んだのは、“的中率100%!”と、口コミサイトでも高い評価を受けていたオーロラ霊能者。電話がつながるなり、オーロラ霊能者は私の部屋のレイアウトやカーテンの色までズバズバ当てたので、私はすぐに「口コミは本当だったんだ」と納得しました。霊視を行なったオーロラ霊能者は、「彼の前の彼女が未だに彼に対して強く執着しており、それが生き霊となって貴女に取り憑いています。貴女はこの半年内に何度も体調不良になったり、財布を盗まれるなど不運に襲われましたね? 私にはすべて見えます。それも全て、その彼女の生き霊の仕業です」そう言って彼の前カノの生き霊を浄霊してくださいました。すると何だか、文字通り“憑き物が取れた”ように、身も心も軽くなった感じがしました。鑑定の後は、体調もすっかり元に戻り、それまで続いたような不運も起きなくなりました。もちろん、彼との交際も順調そのものです。
(佐賀県佐賀市・木本里美さん・26才)

遠距離恋愛中の彼からの連絡が途切れがちになり、不安になった私は彼の浮気を疑うようになりました。でも私の住む場所から彼のいる北海道は遠く、真相を確かめるために頻繁に足を運ぶわけにもいきません。悩んだ私は、雑誌『OZ plus』で紹介されていたセブンスティアラの円霊能者に鑑定を依頼しました。電話が繋がるなり、円霊能者は私の相談内容を言い当てました。あまりにもズバリ言い当てたので私が絶句していると、円霊能者は「彼は浮気をしていませんね。それは間違いありません。浮気をするどころか、仕事が忙しすぎてプライベートの時間もほとんどないくらいです。貴女への連絡が途絶えがちなのも、単純に余裕がないからです」と、彼の心を霊視し始めました。さらに円霊能者は「しかし仕事の峠は越えたようです。今後は、貴女に連絡する余裕もできるでしょうが、念のために“愛魂戻呪”という占術で彼の魂を貴女の方へ強く引き寄せておきましょう」と、その愛魂戻呪を行なってくださり、「これで明日にでも彼から連絡がきます」と予言されました。するとその翌日、先生の予言は的中し、彼から電話がきたのです。最近の彼とは違い何だか口調も穏やかで、「来週にでも、真美に会うため久しぶりに帰省するよ」と言ってくれました。明日が、その彼の帰省する日。今夜はわくわくして眠れそうにありません。
(佐賀県鳥栖市・安田真美さん・30才)